美容診療

美容診療とは、ただ虫歯などの治療を行うのではなく、見た目の美しさや機能性を追求する治療方法です。見た目だけではなく、噛み合わせの改善や清掃性も考慮して治療することで、本来の歯の機能を取り戻し、良好な状態をできるだけ長く維持することができます。
「詰め物が変色して気になる」「歯を白くしたい」など、詰め物やかぶせ物の見た目にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

美容診療
こんな方におすすめ

歯を白くしたい方

歯の色が気になる方

歯の形を治したい方

金属アレルギーのある方

こんな方におすすめ

 

治療内容

セラミック治療

治療した際の詰め物やかぶせ物を、セラミックなどの素材を使用して補う方法です。
自然な見た目なので治療していることに気づかれにくいことや、お口の中で変色や金属アレルギーの発症の心配が少ないこと、また表面が滑らかで歯垢などの汚れが付着しにくい特徴があります。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠とは、歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリッドレジン歯冠補綴物のことです。
このハイブリッドレジン歯冠補綴物は、別名ハイブリッドセラミッククラウンと呼ばれ、プラスチックにセラミックを混ぜた材料で作られた白いかぶせ物のことです。前歯などで保険適用での治療が可能です。

 

素材について

オールセラミック

セラミックのみでつくられた素材で、天然歯に近い色調と質感を再現することが可能です。
強度が高く、経年劣化による変色もほとんどないため、長い期間にわたって使用できます。

オールセラミック
メリット
  • 天然歯のような美しさ、自然な色合いを再現できる
  • 経年劣化しないため、色が変化することが少ない
デメリット
  • 陶材のため、ジルコニアやメタルボンドなどのかぶせものに比べ割れるリスクが高い
  • 型取りが必要なため、最短でも2回の治療が必要
費用目安
  • ¥88,000 1歯あたり

ジルコニア

人工ダイアモンドともいわれる素材です。
オールセラミックと同様、自然な質感の美しい歯を再現できます。

ジルコニア
メリット
  • 表面に傷が付きにくく、着色や細菌が付着しにくい
  • 経年劣化しないため、色が変化することが少ない
デメリット
  • 食いしばりや歯ぎしりの強い方だと、過負荷がかかり割れてしまう場合がある
  • 型取りが必要なため、最短でも2回の治療が必要
費用目安
  • ¥104,500 1歯あたり

メタルボンド(セミプレシャス仕様)

金属製の土台にセラミックを焼き付けたかぶせ物で、金属の強さとセラミックの美しさを両立しています。

メタルボンド
メリット
  • 表面がセラミックのため審美性が高い
  • 内面が金属のため強度が高い
デメリット
  • 表面のセラミック部分だけ欠けたり割れることがある
  • 金属を使用しているため、歯ぐきや歯が黒ずんでしまうことがある
費用目安
  • ¥77,000 1歯あたり

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチック(樹脂)の混合素材です。
オールセラミックなどに比べると耐久性が低く、磨耗や変色が起こりやすい特徴があります。

ハイブリッドセラミック
メリット
  • 通常のセラミックよりも安価
  • 柔らかく、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることが少ない
デメリット
  • 通常のセラミックに較べると、透明感が劣る
  • 金属アレルギーのある方は使用できない場合がある
費用目安
  • ¥55,000 1歯あたり